今日、幼稚園で何があったの?(行事&全体編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新採研公開保育報告*その2*指導の先生の感想

11月1日(日)
 市内の1年目の先生達対象の公開保育が先週金曜日に行われました。
 その時の感想をお知らせします。
《指導の山口先生から》
★ひよこ組について
・落ち着いて集中して話を聞く事が出来ていた。
・4月からの積み重ねがあって、子どもと先生たちとの信頼関係がよく出来ていた。
・ある子どもが流れ星を作っていたら、すかさず「すごいねー」とほめていた。
また別の子が見せに行ったら「ここが止められたんだね。すごいね!」とほめていた。
⇒1人ひとりの子どもの事がよくわかっていて、その子の良さを的確にほめていた。
・紙で剣が作ってあった。子ども達が使いたくなったらすぐに使えるように何本も用意しあった。「剣がある!」と子ども達を待たせる事が無かった。⇒教材の準備がよくされていた。
・作ったマラカスを振ってみせた子に「こっちとこっち、音が違うねー。」とだけ先生が言い、その子は「どうしてなんだろう?」と口にしていた。“不思議だな?どうしてなんだろ?”という気持ちがわき上がってくるのを先生は待っていた。
★もも組
・「こうしようと思っていたけれど、○○しました。」と説明していた。子どもの様子を見て、ねらいを変えられる柔軟性があった。
・堂々としていた。⇒ (1年目の先生達に向かって)「みなさんが2、3年したら、この先生のようにしっかり保育するのですよ。みなさんの近い将来の姿です。」
・セロテープを切る時に「バン!の指を使うんだよ。」と説明していた。子ども達に分かりやすい説明がされていた。
★ふじ組
・切手を作ったお金で買うというのも用意されていて良かった。
・担任の先生は「(いつも大体、口火を切ってくれる)その子達に助けられています。」と言っていた。子どもの側からすると、常日頃から、何かアイディアを口にした時に、ていねいに取り上げてくれる先生だからこそ、積極的に他の子ども達を引っ張ってくれるのだと思う。
・一人ひとりが、よく育っている年長組です。
★総合的には
・先生達が、明るくて、はつらつとしている。
・特別支援の先生達は、かなり、良く動いている。⇒そのため、支援の子ども達もその子なりの参加(自己発揮)が出来ている。その結果、クラスの他の子達も落ち着いていられる。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。